医療には、動物医療も含まれ、獣医師になるには、医師と同様な過程を経るようです。

動物にも医療

医療は、人ばかりでもなく、動物にも該当します。
医療の資格にもあり、医師と同様な取得方法となっています。
それが獣医師になるでしょう。
まず、獣医学部などに入学し、動物治療に関し、知識や技術を学びます。
そうして、獣医師国家資格試験を受験し、合格すれば、免許を取得します。
医師と同じように、獣医学部などに入ることが、難しい面があるようです。
こうして資格を取得すれば、獣医師も独立開業できる資格となっています。
今では、ペットの家族化が進み、多くの家庭で犬猫などを飼っています。
マンションなどの集合住宅でも、飼育が認められている時代であり、ひと頃までは考えられなかったようなことでしょう。
このため、獣医師が経営する動物病院があることは、飼い主としては、非常にありがたいことです。
また、獣医師免許取得者すべてが、独立開業する訳ではなりません。
既存の大きな動物病院に就業したり、あるいは、大学に残る人もいます。
さらには、企業に就職する人もいます。
食品会社などでは、肉類を扱うため、獣医師の力が必要のようです。
あるいは、畜産業においても、同様なようです。
さらには、公務員となり、公衆衛生業務に従事している獣医師もいるようです。
感染症の多くが、動物を介して人に移るものがあるからのようです。
なお、動物医療にも、最近は、アシスタント業務を行う人が出て来たようです。
動物看護師と呼ばれるものがあり、医療の資格の一種ともなっています。
就業に際し、必然的なものではないですが、公的資格でもあります。

Copyright (C)2018目指すは医療業界☆知っておこう、医療の資格いろいろ.All rights reserved.