医療事務もまた、医療分野の代表的な職種であり、現在人気も高いようです。

医療事務も知っておく

医療の職種には、資格が伴うものがあり、転職が難しいものが多いと言えるでしょう。
しかし、そんな中でも、医療事務については、比較的転職しやすいもののようです。
基本的に、企業の事務職を経験していれば、業務に支障を及ぼすことはないようです。
しかし、医療と付くからには、医療特有のものがあることもまた、事実です。
たとえば、診療報酬請求書の作成がそれに該当します。
これは、医療事務のメイン業務とも言えるものです。
端的に言えば、健康保険において、患者が支払う自己負担分以外のお金を返戻してもらうための請求書を作成することです。
かつては、手計算で行っていたようですが、今ではコンピュータを使って計算をするようです。
パソコンの操作はもちろんですが、基本的な計算方法を知っておくことも大事なようです。
すなわち、診療は、点数制で決められています。
1点10円として計算し、それが治療費となっています。
自己負担が3割であるため、残りの7割を病院が受け取るようになります。
これ以外でも、受付業務があります。
新患でも入院でも、どちらでも行います。
仮に救急病棟がある場合は、夜間勤務も行う可能性があります。
これらのほか、カルテの管理業務、さらには、医師と看護師の連絡を取り持つことなども行うようです。
なお、医療事務においても、医療の資格があります。
必須のものではなく、また、いずれも公的資格となっています。
しかし、未経験者であれば、取得しておけば、就業の際に、アピールポイントの一つとなるでしょう。

医療の資格関連の情報は、こちらのサイトをチェックして下さいね

  • 認知度急上昇、まなびネットは「実務者研修」が満載でしたよ〜。

Copyright (C)2018目指すは医療業界☆知っておこう、医療の資格いろいろ.All rights reserved.