介護分野にも、医療の資格として、介護福祉士やホームヘルパーなどがあります。

介護でも医療の資格

少子高齢化社会であれば、介護もまた、注目の医療分野となっています。
利用者が多くなることが見込まれていますが、万年人手不足であることもまた、事実のようです。
しかし、介護もまた、医療の資格として、多くの人が取得しているものがあります。
まず、介護福祉士というものがあります。
これは、国家資格の一つであり、三大福祉士の一つです。
おそらく介護関連の中でも、最高峰と言ってもいい資格となるのでしょう。
また、国家資格ではなく、ホームヘルパーもあります。
これは、比較的取得しやすい資格であり、他業種から転職する人も、取得しているようです。
一定時間の講座受講で取得可能なようで、通信講座でもできるようです。
介護に人手が足りないことが広く知られているため、ホームヘルパーを取得し、転職しようと試みている人も多いようです。
では、介護で活躍するには、どういうところに勤務すればいいのでしょうか?
まず、訪問看護センターというものがあります。
これは、公的施設でも、あるいは、今でも民間企業でも、運営しています。
インターネットを使えば、ホームページなどで確認することができます。
また、訪問ではなく、介護施設として、受け入れているところもあります。
現在は、病院が運営しているところもあるようです。
なお、看護師の中でも、介護に転身する人がいるようです。
しかし、一定の経験がなければ、業務を行うことが難しい面もあるようです。
訪問看護などが、典型的なもののようです。

Copyright (C)2018目指すは医療業界☆知っておこう、医療の資格いろいろ.All rights reserved.