医療の資格の中には、薬を処方できる薬剤師も含まれ、薬局などに勤めることができます。

処方する薬剤師

病院へ行けば、医師の治療がありますが、その後に薬を受け取ることになります。
表現が適切ではないかもしれませんが、医師の治療の後に、患者自らも養生するということでしょう。
しかし、医師は薬の処方はせず、処方の指示をするのみです。
実際の処方は、薬剤師の役目となっています。
薬剤師もまた、医療の資格として広く知られ、取得方法も医師に似ています。
薬学部に入学し、薬剤師国家資格試験に合格することです。
国家資格試験よりも、薬学部に入学する方が、難しい面があるようです。
こんな薬剤師が就業するところは、やはり、薬局になるでしょう。
中には、自ら薬局経営を始める人もいるようですが、医師と同じように、すべての人が成功するとは限りません。
規制の薬局に就職するのが、現実的なのでしょう。
現在では、薬の処方ばかりでなく、市販薬がカテゴリー分けされ、購入者への説明が必要なものがあります。
そのため、薬剤師としての知識や技術を十分活かせるような環境があると言えるのかもしれません。
さらに、医薬品会社でも、薬剤師が活躍できる余地があります。
治験薬の開発に携わることが、主要な業務となっています。
あるいは、医師や看護師のように、公務員として、医療関係に携わっている薬剤師も多々いるようです。
なお、薬剤師の免許を持っていても、薬局や医薬品企業に勤めない人のいます。
フリーライターとなって、医療関連の取材記事を書いたり、あるいは、小説家などになる人もいるようです。
また、まったく関係のない業種で働いている人もいるようです。

Copyright (C)2018目指すは医療業界☆知っておこう、医療の資格いろいろ.All rights reserved.