看護師は、医師と患者をつなぐ大事な役割があり、国家資格の一つです。

看護師はサポートとケア

医療においては、医師と患者をつなぐ役割が重要であるとも言えます。
仲介役とも言える職種が大事であり、そういう役割の人がいるからこそ、患者も安心して病院で治療を受けることができるのでしょう。
それに適した職種が、看護師と言えます。
看護師も、医療の資格の代表的なものであり、医師と同様な方法で、資格を取得するようになります。
看護学を教えている大学で学び、看護師国家資格試験に合格することで、看護師免許を取得します。
しかし、これは、もっともストレートな方法であり、看護師になるには、ほかにも方法があります。
たとえば、中卒で専門学校へ行き、准看護師試験に合格することで、看護師国家資格試験の受験資格を得ます。
あるいは、高卒で専門学校へ行っても、同じようであり、高等看護学校へ入学するのであれば、准看護師試験を受験できるようになります。
こうして、看護師となり、医療現場で活躍している人も多いようです。
准看護師は、都道府県の管轄であり、看護師をサポートする役目があるようです。
准看護師になるにも、出来るだけ早くから、その道に進むことを決めるべきなのでしょう。
こんな看護師が働くところと言えば、やはり、医師と同様、病院が主要なところです。
しかし、医薬品企業などに就業し、治験薬開発のアシスタント的な役割をしている人もいるようです。
あるいは、公務員となって、医師免許取得者とともに、公衆衛生に当たっている人も、多々いるようです。

Copyright (C)2018目指すは医療業界☆知っておこう、医療の資格いろいろ.All rights reserved.