医療の資格と言えば、医師がもっとも代表的ものであり、国家資格の一つとなっています。

治療は医師

医療を代表する職業と言えば、医師になるでしょう。
日本では、医師のみがメスを伴った治療をできるため、医療の最前線に立つ職業とも言えます。
もちろん、医療の資格としても、代表的なものです。
こんな医師になるには、まず、医学部に入学する必要があります。
医療の資格に共通しているように、学校で知識や技術を身に付ける必要があります。
医療が専門分野のため、それも致し方のないことでしょう。
太平洋戦争前においては、医師になるには、今のように医学部、あるいは、医師を養成する専門学校を出るかのどちらかでした。
しかし、太平洋戦争後において、医学部に一本化されたようです。
また、医師は、国家資格の一つであり、医師国家資格試験に合格する必要があります。
しかし、司法書士試験のように、難関の類ではないようです。
これは、医学部で、医師としての知識や技術を一通り学ぶため、合格率もかなり高いようです。
こうして、医師となった場合、就業するのであれば、病院が代表的です。
転職サイトなどでも、医師を専門にしたものがあります。
しかし、医師と言えば、もしかしたら、医院の経営ではないでしょうか?
弁護士などと同様、独立開業するものであり、組織にとらわれずに、仕事が可能とイメージする人も多いのかもしれません。
確かに、それは可能ですが、すべての人が成功するとは限らないことは、言うまでもないでしょう。
なお、医師であっても、企業に勤めたり、あるいは、公務員になる人もいるようです。
医療関連業務に従事する人が多いですが、全く関連のないところで、働いている人もいるようです。

Copyright (C)2018目指すは医療業界☆知っておこう、医療の資格いろいろ.All rights reserved.